事故車が判明した場合の車査定について

76132508
愛車という言葉があるように、車というものは一度購入したら長く使い続けるのが普通です。
しかしながら、長く乗り続けていると、ミスによるものなのか、あるいは不運によるものなのかは別にして、事故により車がお釈迦になってしまうケースもあります。

ただし、事故に遭えば必ず車がスクラップになると決まったわけではなく、場合によってはキズが残る程度だったり、あるいはほぼ無傷ですむこともあります。
そんなふうに、キズが浅い事故車の場合、物持ちの良い人ならそのまま乗り続ける可能性が高いです。

ですが、そんなふうに昔事故にあった車を売る時には気を付けなければなりません。
なぜなら、事故車というものは基本的に無条件で避けられるのが常だからです。

実際、事故車を車査定にかけると、たとえちゃんと動くとしても、同じ条件の車査定と比べてはるかに評価が落ちることは間違いありません。
なぜなら、前述したように長い間付き合っていくことになる車だからこそ、事故車になんて乗りたいと思う人はいないため、ニーズがないので買い叩かれることになるのです。

場合によっては、買取拒否されることもあるのです。
ただし、例外として、事故に巻き込まれたもののキズが一定条件よりも小さかった場合は、事故車と認定されないことがあります。

事故車の定義はキズの大きさで判断されており、日本自動車査定協会という組織の定義により決められているため、その定義をオーバーしていなければ、普通の車として扱ってもらうことができるため、運が良ければ普通に売れることもあるのです。
ちなみに、この定義はあくまで車の判断基準であり、当人が事故を起こしたという事実は変わらないので、勘違いしないようにしましょう。