車査定と車検の関係

91318167
よく聞く自動車オーナーが悩みの1つに車検の存在があります。
車検というものは自動車オーナーなら定期的に受けなければならないものであり、ハッキリ言ってかなり面倒くさいです。

しかも、面倒なだけではなく、検査のためにはそれなりのお金を必要とします。
このように、手間暇も手間賃もかかるとなれば、当然頭を抱える人が増えるのも当然といえます。

しかしながら、そんな面倒な車検だからこそ、この車検が車査定に影響を与えるのではないかと考える人も多いです。
具体的には、車検を受けた直後の自動車なら、車査定においても高評価を得ることができるんじゃないかと考えるものなのです。

では、はたしてそのあたりの関係性はどうなのかというと、残念ながら評価は期待できないというのが現実です。
なぜなら、車査定を実行できるような業者やメーカーは、車検を実行できる設備環境が整っているものなので、車検をしなくて良いということにたいした旨味がないのです。

もちろん、それでも多少は手間がかかるため、全く評価されないというわけではないですが、劇的な高評価を得ることができるほどのものではないのです。
ただし、逆に車検の有効期限が間近だったりする場合、低評価につながることはあるため注意しなければなりません。

前述したように、車査定のサービスを行なっている業者やメーカーにとって車検そのものはたいした手間ではありません。
しかしながら、車検直前の車だと、管理が行き届いていないと判断できるため、査定士の印象が悪くなってしまうため、車検とは関係ないところの評価が厳し目になってしまい、結果的に全体が低評価になってしまうことがありえるのです。